ユニフォームを作成してみよう|一致団結することができる

シャツのプリント方法

衣類

プリント方法の種類

シャツのプリント方法には、主にシルクスクリーンプリント、インクジェットプリント、フルカラー転写プリント等があります。シルクスクリーンプリントは、版を作成してプリントする方法で、アパレル製品などに使用されており、お店に並んでいるような高品質なプリントが可能です。一枚の版で大量にプリントでき、注文が多いほど一枚当たりの値段が安くなります。また、一色ごとに版が必要なので、色数を少なくすることで価格を抑えることができます。プリント箇所を増やした場合にも新たに版が必要な時があるので、そこを考えるのもポイントです。人数が多い学生のクラスTシャツ等に向いています。次に、インクジェットプリントは、版が不要で一枚から注文することができます。色を何色増やしても値段は変わらないので、多彩な色を使用した自由なデザインのシャツを作成可能です。少人数でクラスTシャツ等が必要な方に向いています。フルカラー転写プリントは、専門のシートに特殊なインクを吹き付けたものを、シャツのプリントしたい場所に、プレス機で熱と圧力を加えて貼り付ける方法です。フルカラープリントが可能で、色の発色も良く、グラデーションなど細やかなデザインに優れています。また、素材を選ばないため、素材にこだわりたい方、見た目がシールを貼った感じになりますので、そういうプリントが好みの方にもオススメです。納期が短いのも魅力で、すぐにクラスTシャツ等が必要な方に向いています。以上を踏まえ、クラスTシャツ等を作成する際には、参考にしてみてはいかがでしょう。